★日立の冷蔵庫が最高に素敵! デザインが美しくチルド機能も充実★

おすすめの冷蔵庫

◆おすすめの冷蔵庫について語ろう | 日立のクリスタルミラー冷蔵庫のデザインセンスに衝撃 冷蔵庫に初めて一目惚れ◆


 

白物家電が大好きです.冷蔵庫,洗濯機,エアコンetc….TVやデジカメなどはなくても生活になんら支障はありませんが,白物家電は違います.この子たちなしに快適で文化的な生活を送ることができるでしょうか? 日本の総合電機は液晶テレビへ莫大な投資をしながら,一方で生活必需品であり生活における重要なポジションを形成する白物家電を甘くみたから巨額の損失を計上することになったのでしょう.

 

経営陣が無能だと末端の社員はたまったものではありませんね.えぇ,組織の末端の歯車の愚痴です.って話が逸れました(>_<).実は先日実家の冷蔵庫が壊れたとのことで最新型の冷蔵庫を購入しまして,その機能の進化とデザインの美しさに感銘を受けたので,レポートしたいと思います!

 

 

◆大型冷蔵庫を比較 デザインと機能の進化◆

 

●冷蔵庫を選ぶに当たって重視した点●

 

実家で先日まで利用していたのが10数年前に購入した三菱の冷蔵庫でした.シールに2000年製と記載してありましたので,まずまずの耐久性ですね.お疲れ様と労ってあげました.ちなみに,上から冷凍庫,冷蔵庫,野菜室の従来型(旧来型)3ドアで400L前半の容量の型です.そこで,今回の購入に当たっては以下の3点の項目を比較検討して選びました.
①信頼性(ブランド) ②価格&容量 ③機能
それぞれの項目についての考察の経緯と結論を記していきます.

 

●①“信頼性”耐久消費財は信頼できるメーカーの商品を●

 

個人的なこだわりになるかもしれませんが,高額となる耐久消費財は長らく安心して利用したいため,信頼のブランドを選びたいと考えています.「安物買いの銭失い」となってしまっては本末転倒ですからね.というわけで,今回候補としたのは以下の4つのブランドです.なお,※マーク以下は個人的な印象です.

「三菱電機」→スマート大容量のキャッチフレーズでも有名.

※信頼性&機能ともに間違いないイメージ
「東芝」→野菜が美味しい冷蔵庫「VEGETA(ベジータ)」が売り.

※エアコンでは一度失敗したが,ブランドイメージは上々
「パナソニック」→省エネを売りにしたエコナビが有名.

※ナショナル時代からの歴史ある品質には評価高い
「日立」→真空チルド機能で一躍有名に.

※デザインはともかく白物家電の品質はトップクラスのイメージ

他にシャープやハイアール等も冷蔵庫をリリースしていますが,信頼性の観点から今回は除外しました.にしても,リサーチをしていて各社冷蔵庫にブランド名を付けていない品が多々あることに驚きました.液晶テレビには「ブラビア」だの「レグザ」だの「ビエラ」等といったネーミングをしながら,冷蔵庫にブランド名をつけないところにも各社の白物家電軽視の姿勢が現れていますね.型番で語れというのでしょうか? まったく馬鹿げています.

 

 

●“低価格”大型冷蔵庫がコンパクトでリーズナブルに進化●

 

最も重視すべきは容量と価格でした.まぁ,みなさんそうですよね? これまで利用していた容量よりも大きなサイズが欲しいとのことで,500L以上のサイズをターゲットとしました.早速「価格.com」でリサーチ開始です.すると,想定していた価格よりも随分と値段設定が安い.15万円~20万円で最高スペックの大型冷蔵庫が購入できそうです

これは実に嬉しい誤算でした.一昔前の冷蔵庫は30万円くらいしましたよね? 情報家電の価格下落程ではないですが,性能&機能が進化しつつも価格がリーズナブルになっているのは消費者には嬉しく,生産者にとっては辛いところでしょう.15万円で15年間使えれば1年で1万円の換算ですから.

下調べを終えて,素敵な冷蔵庫をゲットするべく,「エディオン名古屋本店」に行ってきました! ちなみに名古屋駅近辺にはヤマダ電機(LABI)とビッグカメラが出店してますが,個人的には断然エディオンがオススメです! 何故って? ガラガラなんですよ(苦笑).だからゆっくり品定めできます.保証の観点からもしっかりしていますし,意中の商品があれば「価格.com」やAmazon,LABIとビッグカメラの価格を確認した後,エディオンで交渉して購入するのを提案します.あまりにも閑散としており,いつ潰れてしまうのか不安でしょうがないので,是非エディオン名古屋本店を利用してあげてください….

 

 

●カタログやネット情報では伝わらない 実物の主張●

 

ぶっちゃけ事前リサーチしても,各社毎にアピールしている機能が多少違うだけで,「冷やす」「凍らせる」という冷蔵庫の基本機能は同じなので,先ほど挙げた4つのブランドの中で,一番リーズナブル(コストパフォーマンスの高そうな)冷蔵庫をチョイスしようと考えていました.冷蔵庫なんてどれでも一緒でしょ? っと.

ところが,量販店で実物を目の前にしたところ,その個性に圧倒されました.「すげーよ,最新の冷蔵庫♪」何が違うのか? 全然意識をしていなかったデザインが違うのです.これはWEBでの写真やカタログを見ているだけでは伝わってこないポイントですね.500L~600L台の大型冷蔵庫を目の前にすると,それぞれの製品で印象が全然違ってくる.値段と容量重視は変わりませんし,省エネなんてどうでも良いですが,先にあげた4ブランドであれば,些細な機能面よりもデザインを重視したい! とカッコ良い冷蔵庫を選びたいと心変わりしていました.

 

 

●日立のクリスタルブラウン & クリスタルミラー 冷蔵庫が凄い●

 

結論から記しますと,日立の565L 真空チルドFS「R-M5700D-X 」を購入しました.購入の要因? めちゃめちゃかっけーんすよ.冷蔵庫が鏡なんです! っと興奮して即決しました.もちろん価格交渉の上,まずまずの値段で購入できたためでもあります.これは実物を見なければ絶対に伝わらないデザインなので,是非お暇な時に量販店に行って目にしていただきたいのですが,斬新かつ美しく機能的であるデザインに文字通り一目ぼれしてしまいました.

「真空チルド機能」を売りにしているようで,実演もしていただきその機能にも感心しましたが,真空チルドがなくても本製品を選びましたね.それぐらいミラータイプのデザインにインパクトがありました.少しだけクリスタルブラウンの同製品と悩みましたが,慎ましい部屋にこの高級感漂うデザインは似合わないだろうと,設置場所を選ばないだろうミラータイプを選択した次第です.

 

どうやら,冷蔵庫を一番甘く見ていたのは,メーカーの経営陣のみなさまではなくて,私自身であったことを認めざるを得ません.メーカーの製品づくりの優秀な現場のみなさまの創意工夫と努力には頭が下がります

 

 

●白物家電を比較する際には是非店頭へ●

 

以上,個人的な好みと見解に基づくレポートになりました.他のメーカーの冷蔵庫もわくわくするラインナップで,液晶テレビを選ぶ時よりもずっと面白かったです.みなさまが冷蔵庫を購入される際にもWEBの口コミを参考にするだけではなく,実物を目にしていただくと,感性に訴えかけてくる部分がありますので,長い付き合いになる白物家電は是非量販店の現場で比較検討していただくことをオススメします.あっ,愛知のみなさまエディオン名古屋本店に行ってあげてくださいね(笑)

 

日立 565L 6ドア冷蔵庫(クリスタルミラー)HITACHI 真空チルドFS R-M5700D-X
三菱 475L 6ドア冷蔵庫(ローズゴールド)MITSUBISHI 置けるスマート大容量 切れちゃう瞬冷凍 MR-JX48LY-N