★特典航空券の確実な予約方法 予約変更を活用して空席確保しよう★

特典航空券の予約方法

◆「特典航空券の取り方」予約変更を駆使して希望のフライトを確保する | マイレージを有効活用するためにマイル航空券を確実に入手する◆

 


 

GWも終わり過ごしやすい季節になってきましたね.新緑の息吹とどこまでも澄み渡る空.からりと心地好い風.梅雨が訪れるまでは一年でも最も快適な季節ではないでしょうか? 6月は祭日が1日もないという残念な暦ではありますが,7月になれば海の日を迎えいよいよ夏本番.お盆や9月のシルバーウィークに旅行を計画されている方も多いでしょう.わたくしも若い頃はバックパック背負って世界各国を旅したものです.

 

そんな夏休みに向け,旅行計画を本格的に立てはじめる頃だと思いますが,貯まったマイレージを有効活用してお得に旅をしませんか? マイレージ枠が少なく希望日にマイル予約をすることが難しい昨今,まるで「裏ワザ」のように特典航空券をほぼ確実に予約できる方法がありますので,そちらを紹介いたします.いつもは戯言ばかりですが,今回は参考になること間違いなし! 必見ですよー(笑).

 

 

◆特典航空券予約のノウハウ「予約方法」◆

 

●特典航空券(国内線)は2カ月前の9時30分から予約可能●


先ずは特典航空券の予約方法について押さえておきましょう.以後JALを前提に記載いたしますが,日本航空も全日空もユーザインタフェースが違うだけで,予約方法や変更に違いはほとんどないはずですので,ANAでも同様だと認識いただいて結構でございます.特典航空券の概要は以下の通りです。

・利用可能者:会員本人,会員の配偶者,会員の二親等以内の親族,

 義兄弟姉妹の配偶者
・必要マイル数:12,000マイル(A区間),15,000マイル(B区間)

 →「マイル早見表」
・予約申込期間:搭乗日の2カ月前の同日9時30分~搭乗日4日前まで

その他有効期限や条件等は「JALグループ国内線特典航空券」をご覧ください.

 

 

●特典航空券の予約手順 ネットで予約しよう●


上記が航空会社から案内されている情報ですので,まずはしっかり読み込んでおきましょう.情報を制する者が戦(予約)を制すです!(笑).それでは具体的な予約方法をレクチャーいたします.あなたはウキウキしながら旅行の計画を立てていることでしょう.本夏は沖縄に旅行しよう.できれば離島も行ってみたいなぁ…と旅行プランを立てるのも楽しい時間です.

8月1日の出発で8月4日の帰着.3泊4日の沖縄旅行なんて素敵ですね.わかりやすく具体的なこの日程にて旅行すると想定しましょう.あなたは2カ月前の6月1日の午前9時30分にパソコンの前に鎮座しているか,スマホ経由でアクセスするか,電話を握りしめている必要があります.特に沖縄便や札幌便は人気ですので,予約開始日の朝一に完売すると思っていただいて間違いありません.

当日は9時30分より前に「会員ログイン」を済ませ,目的便の「空席照会結果一覧」まで進めておきましょう.3連休など人気の日程ではアクセス数が殺到し,レスポンスが遅くなることも多々ありますので,前もって万全の準備を整えましょう.以下に画面遷移とフローを記します.

 

 ① ログインして特典航空券の予約を選択

予約申込

 

 ② 区間と日程を選択

空席照会

 

 ③ 空席照会し便名を選択

空席確認

 

 ④ 選択した便を確認し搭乗者情報を入力

情報入力画面

 

 ⑤ 利用条件・注意事項に同意して特典申込を実施(最終確認)

予約確認
特典申込

 

注意点としては,「利用条件」「注意事項」に同意し,「特典申し込み」ボタンをクリックしてはじめて予約確定となりますので,覚えておきましょう.空席照会で便が選択できたとしても,この最後の「特典申し込み」まで完了しなくては,フライトの確保はできておりません,くれぐれも注意してください.※私もぬか喜びをしてその後凹んだことがあります.

 

 

◆特典航空券予約の裏技「予約変更」◆

 

●繁忙期(トップシーズン)の特典航空券予約は困難●

これまでが通常の予約手順になります.しかしながら,人気の航路は例え2カ月前の9時30分にスタンバイしていたとしても,予約を確保することが難しいのが現状です.申込画面の最後に空きがありませんと表示された時などは「インチキだぁぁぁ!」と航空会社のマイル枠数の少なさに怒りが込み上げてくること間違いなしです.

ただし,文句を言っても,へそで茶を沸かすくらい立腹しても,予約が取れるわけではありませんので,ここは冷静にシステムの抜け道をついて,賢く希望のフライトを押さえようではありませんか! その戦略的な予約方法とは「予約変更」です.「えっ?何言ってるの?」と鼻をほじったそこのあなた,ほじりながらで結構ですので,説明を聴いてください.

ポイントは航空券の予約期間にあります.申込期間は搭乗日の2カ月前の同日9時30分~となっておりますが,こちらはあくまで往路の予約開始になります.つまりは復路の予約期間の制限はないということになります.これは何を意味するのか? 希望日の2カ月以上前から復路は予約することが可能ということです.なんてこった.

 

 

●特典航空券は3カ月前に仮日程で予約 希望日程を予約変更●

先ほどと同様に8月1日の出発で8月4日の帰着の場合,出発便は6月1日からしか予約できませんが,帰着便はそれ以前に予約することができるのです.どういうことか? 予約変更条件には「マイル引き落とし完了日(予約日)の翌日から数えて90日間有効」とあります.これが抜け道に通じる必殺技です.

よって2カ月前ではなく,実質3カ月前から予約が可能ということになります.間違いのないように詳細を説明しましょう.5月1日以降に仮日程として往路を予約します.7月1日以前の日時の予約が可能ですが,6月1日に変更を実施するので6月下旬を選択しておきましょう.そして復路を希望日の8月4日を指定します.これで帰りのフライトは予約完了です!

次に仮日程で予約したこの行きのフライトを,本命の希望日である8月1日へ変更するべく,予約可能となる6月1日の朝一に変更手続きを実施します.通常であれば往路と復路の2つを確保する必要(クリック数)がありますが,予約変更であれば,往路便のみの変更で結構ですので,手間(クリック時間)が少なくなり,より確実に予約確保することが可能となるのです.

 

 ⅰ 特典航空券の予約確認・変更・取消をクリック

予約確認

 

 ⅱ 予約一覧より変更したいフライトを選択

予約一覧

 

 ⅲ 予約詳細画面の予約変更をクリック →以降先に示した③空席照会から実施

予約詳細

 

●予約変更のコツ 特典航空券の有効期限に注意●

 

なお,注意点として,「変更可能なのは予約日から90日間」および,予約変更締切日は「変更希望便出発日の前日から数えて4日前まで」であることは覚えておいてください.これはどういうことかというと,復路の予約可能期間に制限がないため,3カ月以上前から往路を仮日程で 押さえてしまうと,本命の希望日に変更ができない事態になりかねません.つまり4月1日に仮日程で予約すると,変更可能期間は7月1日までとなり,本命の8月1日に変更できないという残念なことになってしまいます.

ちなみに,より確実に押さえるためには,5月31日に7月31日の航空券を押さえれば,悪くとも前日の便で旅立つことが可能ですので保険にもなります.往路さへ柔軟なスケジュールを組むことができれば,帰りの航空券はほぼ100%押さえることが可能となります! マイレージを使うのは特典航空券に変えるのが一番割が良いですし,沖縄(宮古島や石垣島など離島)は夏に最高ですので,貯まったマイレージを利用してバカンスに出かけて日ごろの疲れを癒しましょう.